1. HOME
  2. ブログ
  3. コラム
  4. 働くことについて
  5. 「分かってくれない」ストレスを感じている人に読んで欲しいコミュニケーションの話

blog

ブログ

働くことについて

「分かってくれない」ストレスを感じている人に読んで欲しいコミュニケーションの話

「何で分かってくれないんだろう?」

どれだけ細かく、丁寧に説明したとしても、自分の気持ちを分かってもえないことって、おおいにある。

分かって貰えないことによる、フラストレーション。

それをつき詰めていうと、

「話せば、分かってもらえる」
「分かってもらえたら、相手が自分の望み通りに行動してくれる」

そう期待しているから、フラストレーションが起こる。

そして、私たちは、
”みんな自分と同じものを見ている”と無意識に信じ込んでいるから、

「話し合えば、分かり合える」と思っている。


“同じもの” は、見ていない。

例えば、今、目の前に、林檎が1つあって

それは、赤くて、大きな、まあるい林檎で

いい香りがして、甘そうだな、と想像してみる。

ほんの些細こと。

でも、あなたはなぜ、目に前にある、赤くて、大きな、まあるい物体を、林檎だと認識したのでしょうか?
そして、いい香りがした時、なぜ、甘そうだな、と思ったのでしょうか?

それは、その物体が林檎であると、知っていたから。

赤くて、大きな、まあるい物体の情報が、視覚を通して脳に送られてきます。

脳に蓄えられた記憶と照合して、その物体が「林檎」だと認識します。

さらに、嗅覚が香りをキャッチすると、これも、「いい香りがする林檎は甘い」という過去の記憶と照合して、甘そうだな、と無意識に感じているのです。

生まれて初めて、赤くて、大きな、まあるい物体を見た人は、
それを「林檎」だと認識することはできません。

この、脳にストックしている「学習データ」。

五感を通して入ってきた情報は、この学習データと照合して、判断や解釈が生まれます。

もし仮に、過去にいい香りの林檎を食べたとき、腐りかけていて、お腹を壊した、という人がいたとします。

もしかするとその人にとって、「いい香りがする林檎」から想像するのは、”甘そう”ではなく、”腐ってそう”とか、”食べたらお腹痛くなるかも”といったことかもしれません。

簡単にいうと、子どもの頃に犬に噛まれた人と、噛まれたことがない人がいて、
二人が同じ犬を見たときに、怖いと感じるか、可愛いと感じるかの違いです。

同じものを見ているのに、全く違った認識や解釈をするのは、私たちは無意識に、それぞれが違う「学習データ」を持っているから。

「時間はきちんと守りましょう」と育てられた人にとって、「時間を守ること」は当たり前。

だから、緩やかなタイムラインで生活する環境で育ち、時間にルーズな人に対しては、なぜ平気でそんなことができるのか、理解できなかったりします。

意外と「自分が思っている当たり前」は、他人にとっては当たり前でないこともたくさんあるのです。

だって、生まれてきた場所も、育った環境も、経験してきたことも、まったく同じ人なんていないのだから。

だから、「話しても分かってもらえない」ことに嘆くよりも、

「そもそも100%同じ認識をもっている人はいないし、分かり合えないこともある」と思っておいた方が、自分の中のストレスは軽くて済みます。

ただ、分かり合えないといって、初めからあきらめるのではなくて、それぞれが違うものを見ているからこそ、コミュニケーションが大切なのです。

・察してよ
・言わなくても分かるでしょ?
・当たり前でしょ?

は、自分自身を苦しめ、相手との関係をぎくしゃくさせるモト。

・何で言った通りに動いてくれないの?

は、相手を自分の思い通りにしたいという期待。

100%の相互理解が生まれるかは、わかりませんが、
お互いに歩み寄る、譲り合う努力から、信頼関係が築かれていくのではないでしょうか。

その上で、どうしても無理なときは、関係性や接し方を見直すことも、ひとつの勇気です。

ただひとつ、忘れてはいけないことは、
自分にとってその相手が大切かどうか、
相手との関係を継続していきたいかどうか、その本質だと思います。

未来の働き方をデザインする事業