1. HOME
  2. ブログ
  3. コラム
  4. 働くことについて
  5. 仕事で「評価されていない」と感じる問題の解決方法。

blog

ブログ

働くことについて

仕事で「評価されていない」と感じる問題の解決方法。

会社や上司への不満、溜まっていますか?

「こんなに頑張っているのに、認めて貰えてない。」
「適正に評価されていない。」

そんな風に感じて、仕事に対するモチベーション、下がっていませんか?

頑張っても、目に見える形で評価・還元されなければ、日々の仕事に対する意欲も下がっちゃいますよね。

もっと待遇が良いところへ。
もっと自分の能力を活かせて、評価されるところへ。

新しい転職先を探したい気持ちになることもあるでしょう。

自分にぴったりな社風や社内システムを持つ会社と、運よくご縁が繋がることも十分ありえます。

けれど、今抱えているその悩みは、会社を変えれば解決する問題でしょうか?

自己評価と他己評価のギャップ

・無遅刻、無欠勤でコツコツ丁寧に仕事をする人。
・仕事が早くて、良い結果を出している人。
・ミスをしたら、反省して、二度と起きないように努力する人。

あくまで一例ですが、同じ“仕事”をする人であっても、いろんなタイプの人がいるものです。

それと同じように、会社側の評価基準も、会社や担当者によってさまざまです。

明確な数字をもとに評価する会社もあれば、
毎日コツコツがんばっていることを評価する会社や
ミスがあっても、真摯に努力する姿勢を評価する会社もあります。

だけど、

「自分に対する評価が適切ではない、還元されていない」

そう感じているとするなら、

自己評価と他己評価の評価基準の間に、大きなギャップがあるかもしれません。

「がんばっている」は、当たり前のこと?

会社は、誰かにお願いしたい仕事があるから、人を雇っています。
その仕事をしてもらう対価として、お給料を払っています。

自分が思う「がんばっている」は、もしかすると、
会社側からすると、あなたにお願いした仕事=お給料分の範疇なのかもしれません。

受け取りたいなら、与えることから始めること。

仕事を探すとき、福利厚生や年間休日、昇給制度、賞与、、、、など
会社が与えてくれる条件ばかりを見ていませんか?

もちろん、それも働く会社を選ぶときの大切な要素です。

けれど、「会社から受け取るもの」ばかりに焦点を当てていると、転職して会社が変わったとしても、自分の欲しいものが、欲しい形で与えられなかったとき、また同じように「適切に評価されていない、還元されていない」という問題が再び顔を現すのです。

「受け取る」という受け身のスタンスから、能動的に「与える」スタンスにシフトする。

たったこれだけで良いのです。

会社や取引先、お客様。
相手にとって自分ができることは何だろう?

そう考えて、行動する。

自分の仕事の範疇を超えたところに、他者からの評価が生まれるのです。

自分軸で、選ぶ。

「受け取るもの」を基準にして、自分の行動や選択を決めていく限り、常に周囲や外部からの状況に振り回される結果になります。

「受け取りたいもの」が受け取れなくなった時や、違うものを与えられると、そこに満足できなくなってしまうからです。

「自分ができること」「自分が与えられること」や「これからできるようになりたいこと」「やりたいこと」といった、自分軸で行動し、選択してくことで、「認められていないと感じる問題」から解放されるのです。

それは、「与えてくれる場所」を探し、さまよう生き方から、
「自分が居たい場所」を自分で選ぶ生き方へシフトチェンジする第一歩になるのです。

未来の働き方をデザインする事業