1. HOME
  2. 実績紹介
  3. ビジョナリング
  4. ブランディング【ナイトウォークイベント/龍隠れの里に眠る秘宝】

WORKS

実績紹介

ビジョナリング

ブランディング【ナイトウォークイベント/龍隠れの里に眠る秘宝】

「芸術の里」としてのビジョンをもとに、ナイトウォークイベントのブランディングを行いました。

概要

HAKUTAIでは、女人高野・室生寺さまでの紅葉ライトアップに際して開催される、ナイトウォークイベントの企画・運営を行っています。

2016年度からスタートしたこのナイトウォークイベントは、2019年度で4回目を迎えました。

ここでは、室生周辺地域の活性を目的とした、ナイトウォークイベントのブランディングについてご紹介します。

関連記事
➡総合プロデュース【ナイトウォークイベント/龍隠れの里に眠る秘宝】


ビジョナリング

公共事業とアートの融合 「アートアルカディア計画」

宇陀市室生区では、地域の資源を再評価・活用し、芸術からの視点で地域の活性化を図る「むろうアートアルカディア計画」が策定されました。この計画では、新しいまちづくり、公共事業のあり方として、公共事業とアートを融合させる取り組みが進めてられてきました。

参考:室生山上公園 芸術の森 (地滑り対策とアートの融合)

関連記事
➡まちづくり事業サポート「宇陀市 アートアルカディア計画」(作成中)

私たちは、このアートアルカディア計画の構想に賛同し、室生寺で開催するナイトウォークイベントについて、次のようなビジョンを描きました。

*********************

・自然に恵まれた環境、多くの歴史的文化遺産に触れられる室生の地は、
 訪れる人の心を穏やかにし、精神性を高める、心の故郷。

・インスピレーションを受け、クリエイティビティを豊かにする芸術の里。

・室生の地をアート活動の里へ。

*********************


ブランディング

コンセプト

4回にわたり開催してきたナイトウォークイベント。共通するコンセプトは、【アートに触れる】こと。

ジュエリー絵画の展示や、地元の切り絵アーティストとのコラボレーション企画、ライブアートなど、さまざまなアーティストの方々と共に、イベントを開催してきました。

また、2018年度からは、ブラックライトで光るボディ―マーブルや、狐のお面のお絵描きワークショップなど、子どもたちが参加できるコンテンツを取り入れ、「子どもたちがアートに触れる機会」を創出しました。

ナイトウォークイベントを通して、室生の地を、「芸術の里」として地域ブランディング、地域活性化を図ります。

 

テーマ

2018年度より、室生の地に伝わる龍神伝説をテーマに掲げ、ナイトウォークイベントのブランドイメージを視覚化、統一を図りました。

関連記事
➡ オリジナルのロゴやキャラクター、オリジナル商品の企画・開発

展望

従来、室生寺への来訪者は、高齢者層が中心でしたが、年齢幅を広げるため、よりエンターテイメント性の高いコンテンツを取り入れ、ファミリー層の誘客に取り組みました。

歴史的文化遺産や恵まれた自然環境のなかで、地域に根差したアートに触れることにより、子どもたちの創造性を育みます。そして、室生の地の豊かさを次の世代へと繋いでいきます。


関連

イベント企画詳細
マーケティング詳細
まちづくり事業


サービス一覧

お問い合わせ

ご相談~ご契約の流れ

未来の働き方をデザインする事業