1. HOME
  2. 実績紹介
  3. まちづくり
  4. 宇陀市 観光インバウンド基本方針書

WORKS

実績紹介

まちづくり

宇陀市 観光インバウンド基本方針書

奈良県宇陀市の観光戦略を立案させていただきました。

目的

長期的な価値を創造するための観光施策を策定することにより、持続的な訪日外国人観光客の誘致を目指します。奈良県宇陀市を観光都市として確立し経済効果を生み、雇用の創出・生産力の向上に繋げます。


準備

戦略書の立案に先だち、日本に在留している外国人を対象としたモニター調査や現地視察を重ね、関係各所でのインタビューを行いました。


発行

2020年3月


概要

宇陀市は奈良県北東部に位置する市です。大宇陀、室生、榛原、菟田野の4つの地区のブランディングを図り、訪日外国人客の誘致を促す企画を立案しました。


内容

アクセスや周遊方法、埋没している地域資源などあらゆる情報を収集し、宇陀市の強み・弱みを洗い出しました。
宇陀市の魅力を最大限に伝える方法を模索し、観光ブランドとして他都市との差別化を図るため、コンセプトやビジョンを掲げ、目標値を設定し、ツール開発、空間形成など具体的な戦略・施策を立案しました。

施策のなかでは、宇陀市特有の個性や資源を尊重し、大宇陀、室生、榛原、菟田野の4つの地区のブランディングを図ります。それぞれの特色を活かした宇陀でしか味わうことができない”日本”を、訪日外国人観光客に体験してもらうためのコンテンツを作成していきます。

また来訪者にとって快適な周遊をサポートするための看板のデザインを行い、受け入れ体制の整備について提案しています。

長期的な視野で計画を推進するため、訪日外国人観光客にとって快適な観光を提供するだけでなく、観光に携わる関係者にとって運用しやすく、実行しやすいことを重視して戦略を組み立てています。


今後の展望

今回立案した戦略書は5か年計画で実行・推進されます。訪日外国人観光客の増加によるメリット・デメリットやリスクに注意を払い、観光インバウンド推進と同時に地域の方々との調和を目指します。


関連

観光インバウンド調査
事業計画
ブランディング
マーケティング
HP/HP関連ツール開発
イベント企画・運営

未来の働き方をデザインする事業